離婚は人生において大した事ではない

離婚は人生において大した事ではない。人の心は変わるもので永遠のものなど何もない、他人がひとつ屋根の下で一緒に暮らしそれを解消しただけにすぎない。子供は血がつながっていても夫婦は赤の他人である。

赤の他人である夫婦が末永く夫婦で有り続けようとするならば、他人であることを忘れず他人であるからこその気配りや思いやりをもち続けなければならない、私にはそれが大いに欠けていた、長年のなーなー、してもらってそれが当たり前であるかのように、そうでは無かった、元は他人なのだからやってもらって感謝感謝、ありがたいの精神につきるのだ。

気づいた頃にはもうおさらば、他人なのだから相手を思いやる気持ちが無くなったら冷たいものだ。あんなに冷酷な人だったとは思いもしなかった。こうはならないように夫婦で有り続けたいのなら相手を思いやる心を持ち優しさを忘れないで下さいね。

 【記事公開日】2019/06/29


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー: 占い日記   パーマリンク