大運天中殺5年目結婚20年目で離婚する節目の運気

大運天中殺5年経過、あと15年…20年って本当に長い、もしかしたらこの年令で大運天中殺なのでそのうちに死ぬことだって大いに有り得ること。

 

結婚して20年、ついに離婚することになり、先日離婚届を取りに行きました。これを書いてあちらへ渡せば正式に離婚です。離婚するってエネルギー消費ハンパない。これも経験しなければわからないこと、これからの人生において必要な事なのでしょう。全ての人がすることではないので私は結婚もし、離婚もし、子供も育てさせてもらいこれは独身では出来ない貴重な経験です(しんどかったけど‥)

 

生活費、養育費すら1円も渡さない、あちらが病気だからとの理由でこちらも遠慮して求めませんでしたがもうすでにこの生活が10ヶ月を過ぎました。私ももう限界です。

 

金の切れ目が縁の切れ目、って薄情な言葉だと思っていましたが実際身をもって体験すると綺麗事では済まされないし、精神世界に重きをおいていたつもりでも相手が病気だから仕方がないとか言ってられないくらいの怒りや憎しみが上回り縁を切りたい思いで今は一杯になりました。

 

調停なんか通さずさっさと離婚すれば良かった。今はその後悔だけです。結婚したことの後悔はありません。なぜなら今一緒に生活している子供達はあちらが存在していなければ出来なかったわけで唯一その感謝があるから結婚への後悔はありません。

 

好きでもない相手と占いで悪くはなかったから結婚し、結局は20年目でお別れすることになりました。なんだ占いで見て最後まで添い遂げられなかったんだから当たってないやんと思われることでしょう。そうかもしれませんね。

 

もともと結婚に不向きで、配偶者、夫の存在が凶になる生まれの私が、20年も続けられて、子供にも恵まれ子供に手がかからなくなるまでは生活してこれた事、夫婦共々が大運天中殺に入った途端大きな運気の乱れが起こり始めたこと、それまでの不摂生、生活の乱れが一気に吹き出してあちらは病気になりそれを私のせいであるかのように罵倒し、優しかった性格が一変し同情も抱けません。病気になるべくしてなった不摂生な乱れた生活をやめるように言い続けても逃げるように家を出ていった結果ではありませんか、そんなもの自業自得です。

 

看病する情も私にはございません。はい、そうです金の切れ目が縁の切れ目です。薄情な私です。あなたに出来なかった分、私は子どもたちと私に関わってくれる方々に情を注ぐ人生を全うしたいと思います。さようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました