週明けの日本株動向とローリスク放ったらかし投資

NYダウ平均はプラスで引けました。

NYが日本の連休中に下げて終わらず、そしてその間何か大きいニュースがなければ日本も大きな下げにはならないのでしょう。底は見えてきたのかはまだ疑問ですが、しばらくはレンジになるか、反転して上昇になるか、はたまた下値を更新するか、アメリカも日本も景気が良いから下げは買場になるとよく耳にしますが、日本って景気いいんでしょうかね、底辺庶民の私などは全くそうは思いません。

 

上場している会社は資産を溜め込んで自己資金を増やしはするものの、働いている社員に還元していないので雇われる側が全く儲かってないのが現状であり大多数ではないでしょうか。

 

昨年の投資成績を反省してみて、今年はとにかくマイナスを極力出さないことに徹しようと思います。ローリターンでも良いのでマイナスをとにかく出さないこと。

 

なので、投資金額も少なくしてローリスクでやろうかなと思います。特に今の株価においては大きく下げている段階なので買いたいのは山々ですが、これがいつまで続くかわからない、だから一度に買わずに分割して買っていく、分割と言っても100株づゝではないですよ、100株を更に分割し単元未満株にして買っていく、単元未満株は手数料が50円から200円ほどかかるのでだいたい4から5分割して手数料をトータル1000円位に見積もって下がれば買い足しをしていって100株にする、選別する株は配当が良いものか優待があるものにすると持っていても楽しみがあるし万一下がっても上がるまでガマンができるかなと。

 

配当も微々たるものになるのでNISAで買っていき、もしも100株買い足してもまだ下がるようであれば信用売を100株売っておき損失を確定しておくとか、信用売買は単元未満株は出来ないので100株単位になりますがヘッジにしてそれ以上の損失を出さないようにするとか。

 

信用売買を使い、資金を最大5分割にして上げたときも下げたときも利益にする投資法はこちらテキストで学びました。この方法はローリスク・ロー(ミドル)リターンで損切りが苦手であれば結局は損切りしているのと一緒なのだけれど確定せず保有している状態なので損切りしているように思えない投資法です。

 

大きな損失を被りたくない、信用売買をやってみたいが躊躇している、これから株を始めたいと思われている初心者の方にはこういった考え方もあるのだと勉強にはなるテキストです。

 

ハイリターンを望んだり、投資経験が豊富な方には物足りないかもしれませんし、このような知識は承知していることなのかもです。

 

投資本を1冊購入するくらいの金額です。投資知識のひとつを学ぶ勉強代としてはお手頃です。
『波乗り株トレード』

 

私はこの5分割を100株単位でしていましたが今年は100株単位ではなく更に分けて単元未満株に分割しチマチマやろうと思っています。

 

それは優待株と配当目的に株を数種類に分けて保有したいのと、長期目線でいきたいのですぐ売ることはあまり考えたくないということ、そして余剰資金を仮想通貨の方にも回さなければいけないので株の方であまり使えないというのもあるし、短期売買はその分時間を取られるしできるだけほったらかしの長期保有にしたいというのが目的でそれは仮想通貨にしても同じで草コインを安いうちに仕込んでほったらかしで長期保有と同じです。

 

あっちもこっちもになれば頭の中が混乱し、大きなマイナスになればメンタルがしんどくなりパニック売りにも繋がるので極力ローリスクで宝くじ感覚、投資したお金が0になっても良い範囲でしかやらないようにを今年はモットーとします。

 
 
1.勝率91.6%、5年間無敗の“波乗りトレード”
2.波乗りトレードが活きる銘柄選び
3.これが常勝・波乗りトレードの手法だ!
4.勝ち続けるメンタルを持つ
『波乗り株トレード』

 【記事公開日】2018/02/10


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 占い日記, 投資占い   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク