コインチェックNEM補償から学ぶ

さきほどコインチェックさんがハッキングされたNEMの補償を、日本円で返金するとの事でとりあえずは良かったですね。

 

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

 

大量にコインを保有、又は入金をされていた方は眠れない日を過ごされていたことでしょう、とりあえずは円換算で返金はしてもらえるみたいで、一円すらも戻ってこないと噂されていただけに、コインチェックさんの対応にはひとまず安心、仮想通貨の相場もこのアナウンスがあった後急激に上昇しておりますね。

 

私自身も仮想通貨の投資をかじり始めていましたので当然コインチェックの口座は作っておりました。

 

が、諸事情がありコインチェックには不信感があったので、本人確認書類を全て提出してなかったこともあり、まだ売買できず入金もしていない状態でした。

 

しかし、もしもあと一歩進んでいたらと思うと他人事ではなかったです。

 

なぜコインチェックに本人確認書類を未提出だったかといいますと、確認書類(免許証)の写真は送っていたのですが、それと同時にその免許証と自分が写っている写真も送らなければならないと意味不明なことを言われていたので、写真を撮るのが面倒になって先送りにしていたんです。

 

これまで投資する口座を開いてきた中で、証券会社、FX会社(国内のみ)、バイナリー会社(海外)口座を作りましたが、免許証を持っている全身写真を送れという所は一つもありませんでしたよ。

 

そこまで疑うの!?みたいな、、、そんな客を疑うだけ疑っておきながらもしも何の補償もせず倒産しトンズラするような会社ならばボロカスに言ってやろうと思ってました。

 

あと、補償アナウンスの記事にもありましたが、金融庁にも未だ未登録ということも引っかかっていたことです。

 

金融庁仮想通貨交換業者登録一覧

 

今回の報道を受け、口座の方は金融庁の登録が正式に済んでからまた使わせていただくか検討をしようと思います。

 

いずれにせよ、自身の教訓としては、投資は全て自己責任、仮想通貨においては資金管理プラス購入した仮想通貨の管理も自己責任、もしも失った時は諦める他なし、だから宝くじを買う時のように失っても良い金額のお金で購入する、期待もせず当たればラッキー程度にしておく、宝くじのように少ない掛け金で夢を見られるのはやっぱりメジャーになってしまった通貨よりもまだ知名度の低い草コインを主に狙っていくという投資法には変わりはありません。

 【記事公開日】2018/01/28


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー: 占い日記, 投資占い   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク