悔いのない人生とは?

4ヶ月以上もここをほったらかしていたので久々更新しようと思いやってまいりました。

 

しばらく更新をサボると何を書いて良いのやら、このブログは占いを主のブログなので占いのことを記事にすれば良いのですが、私自身が占いから遠ざかっていたと言いますか、占いを用いて日々動き、結婚もしてきて実際の所、自分のほんとうの気持ち、意思、やりたい事があっても占いが悪いと出れば諦め、良いと出たら自身は気が乗らなくてもその方向へ進んで参りましたが、私のように自分の本心を差し置いて占いの答え通りにやるのはどこかおかしい、カルト?誰の人生なの?こんな人生望んでいたのか?やっぱり占いは所詮占いであり、好きでもない人と占いで良いと出たから結婚し(まぁ嫌いではないから結婚したのだが・・・)子供にも恵まれましたが、どこかが違うような、自分の人生を歩みきれていない後悔とも言いますか、子供もある程度大きくなり手もかからなくなってきて我が身を振り返ることも多くなり、少し占いから遠ざかりたくもなってこのブログもすっかりご無沙汰となっておりました。

 

久々戻ってきた理由は、こんなしょーもない更新もしないブログでも訪問してくださる方がおられるようで広告料も毎月僅かではありますが頂いていて、それなのに何にも自分はここに労力を費やしていない状態なのにという反省心も出てきてとりあえず更新をとやってきたのであります。

 

占いは所詮占いであり、私のようにのめり込み過ぎるとやっぱりおかしい人だと思います。いくら占いで良くても自分の気持ちが嫌ならばそれは進むべきではないと思いますし、やめた方が良いと思います。

 

それとは逆に自分が進みたいのに占いで悪い結果が出た場合はやめるべきなのか、これは上記よりも難しいと思います。本心は行きたいのに行けば凶が出たら、それでも行けばやっぱり命に関わる問題が出てくるのはやむを得ないそれでも後悔しないのなら行けばよいし命に関わるのならやっぱ私は臆病な性格なので進めません。だから占いに今まで頼ってきたのでしょう。

 

占いを信じすぎるのは良くないと言いつつも実際の所、悪い結婚をした人はどちらかが早死したり、また悪い引っ越しをした人は家族が不幸に見舞われたり、占いを理由にそうなったとこじつけだと言えばそれまでですがやっぱりその人によって良い時期悪い時期、良い相性悪い相性があるのは紛れもない事実であると私自身はそれは占いを通して確信していることではあります。

 

だったらどーすりゃいいの?信じ過ぎればカルトだしだからといってやめろと言われることはやっぱやめたほうが良い?

 

これについては危険な方向に進もうとする時、例えば結婚の場合を例に挙げるとすれば周囲の反対があったりするもので、やっぱり悪いことというのはどこかで悪いことを告げるようなお知らせがあるものです。

 

自分の気持ちに理解してくれないのではなくその道に進めば危険であることをお知らせしてくれていると思えば我が身を振り返り、素直になって耳を傾け考え直す事も平穏無事な人生が良いのなら大切な事であります。波乱万丈な人生がお望みなら何も言いません。我が身の思うままに進めば良いでしょう。

 

何が言いたいのやらこのような事を書くつもりはなかったんですが、最近の我が日常を日記としてとりあえず書こうと思いましたがとりとめもない日記となりました。やっぱりポツポツ更新だといつまで経っても上手くはなりませんね。こんな拙いブログにも関わらず訪問して頂ける方々には本当に感謝です、ありがとうございます。

 【記事公開日】2017/11/24


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 占い日記   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク