四柱推命十二運

四柱推命十二運です。

胎(たい)
お天気屋、ムード派、空想家、理想主義、不平家。
平素は無口であるが、酒を飲むと饒舌になる。
自由業が良い。サラリーマンは不可。
慈悲心、同情心あり。
飽き性、永続性に欠ける面あり。

養(よう)
アイドル性がある。ユーモアがあり、天真爛漫。
人気があるだけに異性関係には注意。色情面で失敗しやすい。
そそっかしく、諦めが早いのが特徴。
母親、実家との縁が深い。
円満主義、苦労性。

長生(ちょうせい)
学問、博学、上品。
頭が良く、教え上手なので各分野の先生に適する。
気持ちにゆとりがあり、温和でゆったりしている。
積極性、永続性、順応性あり。
女性はいくぶん理屈っぽいが愛嬌に富んだ美人が多い。

沐浴(もくよく)
生地、正家を離れる星。親との縁が薄い。
職業や住所がよく変わる。自由な生活、優雅さを好む。
技術、芸術、芸能面に良い。
風流心に富み文章を書くのが上手。
熱しやすく冷めやすい。異性問題が起こりやすい。

冠帯(かんたい)
我が強く、気ままな所がある。華やかな生活を好む。
男性には吉星だが、女性には強すぎて難多き星。
攻撃性、自己本位で人と衝突しやすい。
目的定まれば一心不乱、行動力がある。
方向性を間違わないよう独断専行を慎まないと惨めな結果に終わる。

健禄(けんろく)
十二運中最も辛抱強い星。
活発、積極性があり円満主義。
ありふれた事より特殊な才能を発揮する星。
妥協を嫌い頑固なところがある。
社会的信用あり。品性正しく人情に厚い。

帝旺(ていおう)
頑固、わがまま、自信家。
二重人格に見える複雑な性格。両極端(女性に多い)。
女性には強すぎる星。後家運、夫との縁が薄い。
エネルギッシュで実行力あり。
我を通さず苦労や試練を知ること。
乗り越えれば大器晩成、実る星である。

衰(すい)
温和で自制心に富む。理性、知性、プライド。
物事に慎重で保守的。
社交性を必要とする仕事には不向き。偏業向き。
猜疑心強く、苦労性。
他ができない特殊な学問、技能を身につければ活躍できる。

病(びょう)
夢、空想、直観力、神秘的な世界を好む。
潔癖、神経質、短気。
物静かで堅実。
本音で語り合うことを望む。
社会や人のために尽くすことを望む。

死(し)
技術、学芸、宗教、霊感の星。
頭よく先見の明あり。
コツコツと努力家であるから、継続すれば成果を上げることができる。
決断力に欠ける。信じやすく、人にだまされやすいので注意(特に男性)。
人生論や哲学を体得することが開運法である。

墓(ぼ)
凝り性、頑固、相続の星。
質素、無駄を嫌う。経済観念が発達している。
物を収集する、蓄積の念が深い。
情報収集等の研究者向き。
強制されることを嫌う。サラリーマンより自由業向き。

絶(ぜつ)
多忙、喧騒を意味する星。
表面は穏やかに見えても内面は気ぜわしい性格。
心身不安定、住所、職業が変わりやすい。
自由人、外出好き。臨機応変。
沈着でやや陰気な反面、短慮の気質あり。

 

 【記事公開日】2013/12/20


コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 四柱推命   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク