水雷屯(すいらいちゅん)

水雷屯(すいらいちゅん)

屯とはとどこおり、行き悩み苦しみ混乱する。人間なら悩み多き青年期、事業なら困難の山積する創業期。

内に生命力を抱きつつ成長する草木の芽が、固い地面を突き破って十分に伸びていく事が出来ない様子。下卦の震(雷)が動こうとするが、上卦の坎(水)が困難に陥り思うように動けない状態。

四大難卦の一つである(他は、坎為水・水山蹇・沢水困)。
時運が困難だけに思うように進めない。焦って進まずしばらく様子を見て計画を立てる時。

★初爻★
行き悩む。みだりに動かず実力を養うとき。
謙虚に人と接する事。

★ニ爻★
身近にいる好きでもない男が娘に結婚をせまっている。
人間関係に注意せよ。

★三爻★
獲物に目がくらむ。深追いすれば行き詰まって吝。
進まず控えて待つ事。

★四爻★
控えめに進む時。

★五爻★
分相応の事は吉、自分の力以上の事をやれば凶。
焦ることなく時を待つ。

★上爻★
出かけても行くあてもない。実力不足。

 【記事公開日】2013/12/15
 【最終更新日】2018/01/11


コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 易経六十四卦   タグ:   この投稿のパーマリンク