安倍首相&トランプ大統領の相性

先日、安倍首相とトランプ大統領による日米首脳会談が行われましたが、ハグするシーンやお互いを誉め称え、親密さをアピールしていたところなどを見ると、相性が良いお二人ではないかと思えましたが本当のところはどうなんでしょうか。

 

お二人の命式を拝見して、相性や時期的なものを鑑みて思えることは、友人関係でなら強い絆が結べる相手であるということ、ですので仲良くなれる相手であるのはウソではないようです。

 

友人関係で良い関係になれるので、ゴルフ外交という遊びを取り入れた外交も更に仲良くなれる地盤が築けるものであり、椅子に座ってただ話し合う事をせず、ゴルフを通じて遊びを取り入れることで、より一層友人としての絆が深まった理由として大きいことであると思います。

 

安倍首相はトランプ氏と初めて会ったのが去年のことであったのも、安倍さんにとっては運を味方につけたようなもので、もしも今回の日米首脳会談が初めての出会いであれば、ここまでスムーズに仲良くはなれなかったと思います。

 

安倍さんにとっては、トランプ氏と初めて会った時期、そして友人として良い関係が築ける相性からゴルフを取り入れた外交をしたことが非常にうまくいき、トランプ氏との関係が深くなれた、今回の会談はお二人の親密さを築くには大成功であったと思います。

 

ただ国を動かす首相、大統領ですので、単に仲の良い友人でいてもらってはダメなわけで、政治というビジネスパートナーの関係で見てみると、友人では良い関係でもビジネスの関係はまた違いますので、いまいち不安が残る相性ではあります。

 

 【記事公開日】2017/02/13
 【最終更新日】2017/02/16


 ブログランキング・にほんブログ村へ ヨイネに感謝ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 有名人を占う   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク